2004/03/01

工具 コンビネーションスパナ KTC

040718 自転車の場合ほとんどヘキサゴンレンチを使うので、スパナーの使用頻度は少ない。それでも8mmと10mmはちょっとほしい。BD-1の場合は一般的なスパナを使う個所はわずか。それ以外は自転車専用工具になる。(薄いタイプのスパナ)

LIFUには9-10mmのスパナがあるが、欲しいのは8mmだったりする。それに精度もよろしくなく、なんとなく気持ち悪い使い心地。また小さいモンキーレンチもLIFUに付いているが、これはダメダメ。ガタガタで何度もナットを傷つけてしまった。本当は扱いに神経を使うモンキーレンチは使いたくない。モンキーを使うのはBBを外すときぐらいにしたい。 小さいボルトの作業は、効率を考えてスパナもしくはメガネレンチがよい。自転車の場合は狭い隙間にレンチを入れることが多いので、メガネレンチよりもスパナが便利かも。と言いながらもメガネレンチの効率のよさも知っているので、この際、両方ついているコンビネーションスパナというものが適当そう。

スパナとかレンチはスナップオンとかが有名で、コンビネーションスパナ一本5000~10000円近くする。今回は使用頻度も少ないので、日本のKTC 京都機械工具のスパナにした。日本を代表するハンドツールメーカーだ。KTCの標準的なコンビネーションスパナの価格は700~900円ぐらいでハンズとかでも売っているので、入手しやすい。

 MS2-10 880円 10mm 厚さ4.5mm
 MS2-08 760円 8mm 厚さ4mm
 MS2-005 5.5mm これは叩き売りされていたので買ってみた

Made in Japan で定番なので安心感はある。



No. S D1 D2 T1 T2 L
MS2-055 5.5 12.4 9.9 3 4.5 96
MS2-08 8 17.3 12.9 4 5.5 126
MS2-10 10 21.5 16.1 4.5 6.5 151


150614 その後、ガンガン使っていたら下写真のようにスパナに派手に傷が付いた。スパナは衝撃やねじれに強くするため、硬度はやや低め。それなりに大事に使わないとこういうことになるようだ。