2004/07/31

工具 ラジオペンチ KNIPEX Radio Pliers

ワイヤーカッターでクニペックスが気に入ったので、標準的なラジオペンチも購入。 小さいモノを挟むときは軽く動き、口を広げて行くについて段々と動きが重くなるという快適な使用感。 グリップは何の変哲もない感じだが、適度なグリップ感があり使いやすい。形状もよく考えれていると思う。今までホームセンターで売っている安いものを使っていたのだが、(メーカーは伏せときますが日本製)長年使っていたらグリップがズレてしまい、実際の作業ができる状態ではなくなってしまった。他の日本製ラジオペンチも持っていて、そこそこの価格なのだが、グリップ材質が悪かった。すべりやすく、細かい作業では不具合が出ていた。

KNIPEX
Chain Nose Side Cutting Pliers
Radio Pliers 定価 2,480円
Article-No.25 01 160
Head Handles: plastic-coated
L3:50mm
W3:16.5mm
W4:3mm
T1:9.5mm
T2:2.5mm
Length:160mm
Weight:120g



面白いのは何も挟まない状態ではハの字になって、下の写真のように隙間ができるが、細いモノを挟むと平行になる。こうすることで力が逃げずに、しっかりくわえられるわけだ。また刃の部分は常に隙間があるけど、ちゃんと切断できる。ちなみに今まで使っていた安物は何も挟まない状態では隙間ができない。



KNIPEXはベーシック部分がしっかりしていると再認識。またかなり丈夫だとうことで一生モノの工具となりそうだ。こういう工具は、はじめから、まともなメーカーのモノを買っておくに限る。ずいぶん遠回りしてしまった。