2011/12/04

Audacity Effect Menu (エフェクト) LADSPA part4

150720更新

LADSPAはLinuxでは標準的なエフェクト。 ver2.1.1ではLADSPAエフェクトは、1つしか入っていないが、公式ページから90を超えるプラグインをダウンロードできる。 またLADSPAを拡張したLV2という規格のプラグインも扱えるようになった。 Windowsでは.dllで提供されている。
現行バージョンではVSTと同じようにリアルタイムプレビューが可能になり、設定の保存も出来るようになり使い勝手は大幅に向上した。

Winでは以下のファイルに保存されている。
C:\Documents and Settings\USER\Application Data\Audacity\pluginsettings.cfg
しかしながら、まだまだ不安定な印象で、うまく保存できなかったり、リアルタイムプレビューはエフェクトによっては使えなかったりする。

LADSPAはシンプルな仕様なので、C言語が少し理解できれば比較的簡単に自作することも可能。 個人的にAudacityで実験するためのプラグインをたまに作っている。
自作LADSPAなどのプログラムはこちら

LADSPA Effects
SC4 (コンプレッサー)
GVerb (リバーブ) 2.0.4以降は標準リバーブに置き換わり消滅


SC4 (LADSPA Effects)


コンプレッサー。今回レビューにあたり、初めて使ってみたが使い勝手はよさそうだ。Audacity標準コンプレッサーよりも、こちらの方が普通のパラメーターが並ぶ。特徴としてはRMSも見ていることだろう。これは実効値、一定時間の平均の音量のようなもの。ピークだけで計算しているコンプとは少し違う。
ただ、ご多分に漏れず、圧縮された波形は歪んでしまう。コンプは自作しか使う気になれない。


GVerb (LADSPA Effects)

2.0.4以降は標準リバーブに置き換わったが、こういうエフェクトもあっということで、残しておく。

リバーブ。VSTの優れたリバーブがたくさんあるので、どうしても見劣りしてしまう。
リバーブについてはこちらのページにいろいろ書いているので参照してください。

あえてどんなものか試してみる。まずはパラメーターから。

Roomsize 1~300m
英語の説明を読むと、一般的に初期反射音にも影響を受けるとあるが、GVerbは一般ではないようだ。試す限り、初期反射音は影響を受けていない。完全に残響用と考えていい。

Reverb time 0.1~30s
残響の長さを調整。実際は若干短いぐらいか。初期反射音には関係ない。

Damping 0~1.0
残響の高域特性をコントロール。一般的には値を大きくすると高域が減衰する。やってみると0.6~1.0の間で差が出てくる。1にすると、残響そのものがなくなる。一般的なDampingとは異なるようだ。

Input bandwidth 0~1.0
やや不明なパラメータだが、上記のDampingにもかぶっている。0~0.2の範囲でないと差は出にくい。0にすると残響が消える。

Dry signal level -70~0dB
GVerbはオリジナルの音であるDRYと、作った残響のミックスをする。そのときにDryのレベルを調整する。これが0dBだったりすると、ミックス時に音量が上がりすぎて歪んだりすることもある。

Early reflectionlevel -70~0dB
初期反射音の音量を調整する。初期反射音に関してはこの音量調整しかできないようだ。

Tail level -70~0dB
残響の音量レベルを調整。

感想。Early reflectionを独立して使えるかなと、ちょっと期待したのだが、調整は音量ぐらいしかできないという結果に。パラメーターも実は同じような機能を提供しているようなものもあり、どうも釈然としない。Damping、Input bandwidth、Tail levelがそれで、音色調整には至らないように思えた。やはりVSTのリバーブを使った方がよさそうだ。

サンプルを作ってみた。いろいろいじってみたけど空間表現は無理っぽい。どうも左右チャンネル同じ扱いのようだ。つまりモノラルをステレオにしてGVerbをかけても空間は作れない。試しに適用後に左右のチャンネルを分離して、位相を反転して合成したら0になった。左右全く同じ処理がされていたということ。とりあえずエレクトリックギターをダイレクトに録音して、GVerbだけ薄めにかけてみた。こういう使い方なら使えるかも。


Audacity マニュアル 目次はこちら