2012/09/11

ペンケース サクラクレパス 雲州堂
ノータム ソフトケースML SQサイズ

外出時に必要に思えたのでペンケースを購入。以前はペンを2本ぐらいしか持ち歩かなかったので、バッグに直接入れていた。でも最近は、5、6本持ち歩くようになり、バックに適当に入れるには多すぎる。プチプチのビニル袋に入れてもいたが、あまりにもみすぼらしい。そこでペンケースを検討。必要なのは安価で丈夫なソフトタイプなもの。ペンが5、6本入ればOK。

ホームセンターや100円ショップで、ペンケース、ポーチを探すが適当なものが見つからない。ハンズなどへ行けばいろいろありそうだが、わざわざケースを買いに行くのも億劫。手軽にネットで購入することにした。ペンケースに至ってはネット情報が少なくて、メーカー提供の小さい写真と僅かな情報で判断するしかなかった。この手のプロダクトはユーザーのレビューもほとんど見かけない。ユーザーのレビューは重要な判断材料になるのに残念だ。ということで、ここで詳細にレビューしておきます。

選んだのはサクラクレパスグループである雲州堂の「ノータム(NOTAM) ソフトケースML SQサイズ」というペンケース。決め手は素材、価格、日本製の3点。不思議なのはサクラクレパスのホームページを見ても、日本製と書かれているのはこれだけで、他のペンケースの多くは何も明記されていない。同じシリーズであるソフトケースML(小、大)にも何も明記がない。素材もこのSQサイズと同じかどうかも不明だ。ということで見送ってしまった。ともかく中国製のひどい裁縫にはうんざりしていたので日本製という安心感は大きい。またネットで買うとなると、実物が見れないので、文字の情報に頼るしかない。日本製と書かれていなければ、普通は中国製と思ってしまう。個人的には中国製=リスキーだという印象がある。特に人の手が入る縫製などには不信感がある。メーカーは、もう少し情報をきちんと出して欲しい。情報を豊富に出すことで売り上げにも結びつく時代になっていると思うのだが、実行しているメーカーは少ない。

サクラクレパス 雲州堂
ノータム(NOTAM) ソフトケースML SQサイズ
型番NS-25-BK
http://www.craypas.com/
http://www.unshudo.co.jp/notam/index.html
色 黒
サイズ 185 x 40 x 35mm
重量 23.8g(実測)
素材 1680デニールナイロン
ファスナー 朝日ファスナー
定価 735円
日本製
発売日 2012年


サイズ

あまり大きくないペンケースが欲しかったので、これを選択したのだが、やはり長さが短かったわ。承知で買ったので、まぁいいのだが、個人的には250mmぐらいあってもいいと思っている。このペンケースの内寸は170mmぐらいしかなく、新品の鉛筆や、シンワの150mmの定規も素直には入らない。ひょっとしたらスムーズに入るかなと思ったのが甘かった。ということで、定規などは入れずに、ペンだけ入れることにした。全体的にはコンパクトで携帯しやすいと思う。

ペンやカッター、消しゴムを入れたところ。内ポケットなどはなく、極めてシンプルなつくり。


素材

購入の決め手となった素材は1680デニールのナイロン。デニールは繊維の太さの単位で、1680はナイロンでも一番太いもの。1680は耐磨耗性が優れているため、通常バッグの底などに使うような素材。ペンケースにはオーバースペックかもしれないが、生地が厚くなって、かたちが崩れにくいというメリットもある。何よりも見た目が頼もしい。ソフトタイプのペンケースで主流の素材はナイロン以外に、本皮、合成皮革、ビニルなどだろう。本皮は高級感が出てしまって、ちょっと方向性が違ったし、実物を見ないと判断できないという欠点もある。人工系では1680デニールのナイロンの魅力には勝てなかった。



内部はコーティングされている。ウレタン系かな? 詳細は不明だが、ウレタン系の防水処理って、10年も使うとボロボロ、ベタベタしてくるので、個人的には歓迎できないのだけど、ペンケースぐらいの大きさであれば、劣化したら自分で再処理してしまえばよい。


つくり

日本製という印象。中国のいい加減さとは別次元。縫い目もきれいだし、ズレや強引な処理などはなく、いい加減さは微塵もない。細かい処理がきっちり出来ているので、最終的なかたちもピシッとしている。

タグには「NOTAM」裏には「USD」(雲州堂)とある。日本製ならJAPANも入れておけばいいのに。タグ自体はナイロン製で、文字はシルク印刷。普通赤は隠蔽率の問題でくっきり出にくいのだけど、これは凸凹のナイロンの上にもかかわらず、きれいに印刷されている。ちょっと驚きレベル。

ファスナー

ファスナーは樹脂製。「Asahi」とあるので三重にある朝日ファスナーというメーカーのものだろう。中国のノーブランドファスナーでなくてよかった。朝日ファスナーは、国内シェア95%を誇る巨人YKKに対して、少量生産やビンテージファスナーなどを得意とし、中小企業ならではの強みを生かしているようだ。このペンケースに使っているのは樹脂ファスナーなので台湾で作っていると思われる。 http://www.waldes.co.jp/

梱包

商品に付いていたのは、このタグと、型崩れ防止のためのスポンジぐらい。このタグにはちゃんと「MADE IN JAPAN」とあるのね。包装は何も書かれていない透明ビニル袋。無意味にゴージャスな包装でなくてよかった。


総合的に

作りも丁寧で、素材もよく、それでいて安価なのがよい。日本製というところもグッド。中国製に対して安心感もあるが、それ以上に日本のものづくりを応援したい気持ちが大きい。これから酷使していくことになるが、おそらく期待通りの耐久性を示してくれると思う。

後日ハンズで筆入れをいろいろ見てくる 2012/09/14

先日、名古屋のハンズで筆入れを見てきた。それなりの種類を取り揃えているのだが、サクラクレパス雲州堂の筆入れはなかった。1000円以下の筆入れの多くは、ひどい作りだった。また素材の耐久性がよろしくないものが多いし、ナイロン素材の多くは薄っぺらの安価なものしかなかった。ファスナーや金具もひどいものを採用していたり・・・ 企画倒れ的な筆入れのオンパレードという印象。あれこれ便利にしようとしたのはよいのだが、価格を下げた結果、品質が著しく低下したり、材料をケチったりということで、最終的に不満な筆入れが出来てしまったようだ。そう見ると「ノータム ソフトケースML SQサイズ」は構造をシンプルにして、よい材料を使って丁寧に作られている。極めて真っ当なものづくりだ。