2013/04/28

USBケーブル Amazonベーシック

適当な長さのUSB2.0のケーブルがなかったので、試しにAmazonベーシックのUSBケーブルを買ってみた。Amazonベーシックは「より良いものを安く提供」というコンセプトなので、コストパフォーマンスは高いと思われる。中国の製造工場と直接取引きすることで安価な提供を実現しているようだ。

買ったUSBケーブルは、USB Aオス - Bオスで、長さ1.8mのもの。価格は510円。説明を見ると、多重シールド、金めっきコネクタなど、そこそこのスペックのようだ。個人的に気になるのはケーブルの質や、しなやかさなのだが、PVCということしか情報はないので、買って確認してみる。

開封すると上記のように丸く束ねた状態。紙が1枚付属するだけの最小限のパッケージ。紙には各国語でAmazon検索ボックスに「B001TH7GUA」と入力くださいと書かれていて、打ってみると、このケーブルの販売ページが表示された。このページが販売から説明書まで兼ねているようだ。

ケーブルは思ったよりは柔軟で取り扱いやすかった。折り癖も付きにくそうだ。ケーブル径も4.6mmぐらいで、細すぎず太すぎずでちょうどよい。バランスのよいケーブルだった。評判がよいのもうなずける。

ケーブルにもAmazonBasicsと書かれている。

amazonのエンブレムがあるのだが、この表面の樹脂は経年劣化でベタベタになりそうで、好きになれないが、USBコネクタの向きを手探りで判別できるよさはある。そんなことは考えて設計しているとは思えないけど。コネクタの金めっきは個人的にはどうでもよい部分というか、残念な部分。5年ぐらい使って耐久試験してみよう。

下のAmazonフラストレーションフリーパッケージ (FFP)という袋で送付された。世界共通で使われているようだ。いつもの中身に対して、あまりに不釣合いな大きなダンボールで送られてくるよりもエコな感じがする。

実際には数年使って判断することになるのだが、第一印象は結構よかった。機器付属のUSBケーブルは固かったり、細かったり、やたら短かったり、エラーが出たり、ひどいものが多いので、安価なAmazonベーシックにするだけでかなり改善される。