2017/05/14

ベース + キーボード練習 2017年 1回目

1年放置のベースと2年放置しているキーボードを練習してみる。放置しすぎて、ほぼ忘れていた。 メインのギターもこの数年まともに弾いていないので、停滞どころか後退している。継続は力なりと言うが、逆に継続しなければ、すべて無駄になるようだ。 ということで楽器練習を再開してみる。久しぶりに弾くと、いろいろ気づかされる。気付いた点をメモ。


ベースを楽に弾くために3フレット4フィンガー

手の大きさから、1~12フレットまでのポジションでは、1フレットに対して1指の、4フレット4フィンガーとはならず、コントラバスのように3フレット4フィンガーを基本にしている。これはフレット3つ分を4本の指でカバーするので、手が小さくても無理なく押さえることができる。 これを徹底的にやらないと、ローポジションではきついことが判明。特に小指を使う場合は、薬指も補助的に使わないと、弦に負けてしまう。 また多くの場合、薬指単独では使わないが、同フレット異弦を弾く場合は小指とセットで使うことは多い。 またコントラバスの教本なんかでは、全音域での練習をやっているみたいだけど、ベースらしいことしかしないなら、12フレットまでの練習で十分だと思う。12フレット上のハイポジションではフィンガリングフォームも変わってくるので、別物と考えてよいと思う。


指弾きにしてみた

ギターがメインなので、ベースは必要なときに、ちょこっと弾く程度。そうなると両立という意味から同じピックで弾くのがよいと思っていた。 けれどベースらしい音かというと、ちょっと違う。特に1、2弦ではベースらしい音は出しにくい。とても軽い音になってしまう。またアタックも出すぎる傾向にある。 そこで試しに指で弾いてみたら、アンサンブルのボトムを支えるのに最適な丸くて太い音が出てきた。 ベースだけで弾くとつまらない音だが、キーボードやギターを支えるには最適な音。 また、高めの音を使ってもベースらしい音が出せるので、1弦も積極的に使える。ピックでは、どうしても3、4弦中心になっていたので、この差は大きい。 ただし、ピックのように器用に弾くことはできない。 指は指でも親指1本だけなので、何かと厳しいかも。 とりあえず、これで弾けないようなフレーズは弾かなければ問題ない(^^) まぁ指は痛くなるので、すぐにピックに戻るかもしれないけど。


アンサンブルの中でのベース

当たり前のことではあるが、基本的にベースはアンサンブル専用楽器。つまりアンサンブルの土台を固めるための楽器で、独奏をやるような楽器ではない。 しかしながら著名なミュージシャンでさえ、ベースらしからぬ派手なプレイをしていることはよくある。個人的には、そういうプレイは、どうも好きになれない。本来のベースらしいことで、魅力的なプレイをしてもらいたいと思ってしまう。 ということで、ベースの練習でも、他の楽器の音を入れておくべきだと思った。常に他の楽器のコードに対して、何を弾いているのかを意識できるメリットは大きい。 ベースを弾く人はギターかキーボードでコードぐらい弾けることは必須だと思う。

下はキーボードのコードに対して、ルートを白玉で弾いただけだが、全体のサウンドがイメージできる。ベースだけだとつまらないが、他の楽器が鳴っていれば、ベースの意味が見えてくるという例。 ベースよりもキーボードを弾く方が苦労した。コードの押さえ方もいろいろありえるので、コード進行に合った音使いとなると悩むところ。使っているキーボードはCASIO CTK-240



下は同じコード進行に対して、4分音符でコードトーンを弾いてみた。いろいろなパターンで弾いてみて、まぁ気に入ったラインが下のベースラインだが、始め譜面を書きながら、ベースラインを考えようかと思ったけど、コードトーンだけ頭にあれば、何も必要ないことが判明した。ウォーキングベースとかって、こういう感覚なんだとちょっと思ったり。



楽器はギターメインで、ベースは必要なときに、まぁそこそこ弾けてればよい。細かなフレーズも弾かないと思うし、4分か8分までだろう。テクニック的に目指すところはかなり低い。力を入れるのは「安定さ」と「曲に合ったベースライン」かな。ベースとキーボードはセットで、週末に練習しようと思う。